自宅で全身脱毛するデメリット

全身くまなく処理することは難しい

最近では、自分で手軽に使用できる脱毛機器が数万円で購入でき、これらはサロンに通う時間がない人やサロンでの全身脱毛は恥ずかしいと感じる人に人気があります。しかし、完璧な脱毛をするにはサロンよりも時間がかかり、身体の部位によっては自宅で処理はできない場合もあります。たとえば腕や脚の場合、比較的、脱毛効果はでやすいですが、サロンで施術するよりも回数が多く必要になります。背中や襟足などはどうしても自分で脱毛することは難しく、人に手伝ってもらう必要があるでしょう。また、VIO脱毛は粘膜に近いため自宅での処理はおすすめできません。機器の調整が難しいため、ほとんどの機器の説明書では、VIO脱毛は避けるように記述されています。

肌トラブルが発生したときの対処が難しい

どんなに適切に使用していても、肌トラブルが発生する可能性はあります。その場合、サロンで施術したのであれば対応してもらえますし、場合によっては施術料金も返金されるかもしれません。しかし、自宅で脱毛をした場合、軽いトラブルであれば使用を中止すればいずれ症状は治まりますが、トラブルがひどい場合は皮膚科に通わなけれなりません。肌が荒れるだけでなく余計な出費も発生してしまうのです。そのため自宅での全身脱毛はやはり難しく、どうしても自宅で脱毛機器を使用するのであれば、肌トラブルが発生してもすぐにわかるように腕や脚、脇などの自分の目で確認できる部位だけに使用し、それ以外の部位やVIOなどの粘膜に近い部位はサロンで施術してもらうことをおすすめします。